ED治療(勃起不全)

ED=イーディーとは「Erectile Dysfunction」の略で、男性の勃起機能の低下を意味していて、日本語の“勃起障害”や“勃起不全”を指しています。

~こんな悩みはありませんか?~

こんな悩みはありませんか?
  • 勃起するまでにかなり時間がかかる
  • 挿入時に萎えてしまいがちである
  • 射精に至らないことが多くなった
  • 硬度や持続時間に自信がなくなった
  • 最近、性行為に自信がない
  • 興奮しても勃起しないこともある
  • 持病(心疾患・脳疾患など)がありED薬が飲めない
  • ED治療薬の副作用が不安だ
  • ED治療薬を服用しているが効果が少ない
  • ED治療薬以外の治療を試してみたい

このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

クリニックビザリアメンズが親身にお答えいたします。

  • 銀座院:お電話
  • 名古屋院:お電話
  • カウンセリング予約をする

ED(勃起不全)治療について

小林院長

ED(勃起不全)は、男性なら誰でも経験するかも知れない症状で、けっして恥ずかしいことではありません。始めての受診にはやや抵抗がある場合が多いですが、再診時には「治療に来てよかった」という方が多く見られます。原因をきちんと見極め、適切な処置を行うことでEDの治療は成功しやすくなります。
性生活に自信を持ち、これからの人生を豊かなものにするために、まずは勇気を持ってどんなことでも私共に遠慮なくご相談ください。一緒に悩みを解消していきたいと思います。

ED(勃起不全)とは・その原因

性交渉をするために完全な勃起が得られない…、勃起を維持できないために性交渉が上手くいかない…、そんなEDの症状に悩まれる患者さんが日本では約500万人いると言われています。EDで完全に勃起しなくなってしまったと考えられがちですが、実は、勃起するまでに時間がかかる、勃起しても途中で萎えてしまう、満足のいく性交ができない、それが勃起不全の特徴です。
初めはたびたび勃起しなくなるだけでも、やがて状態が重くなるに従い常に勃起しにくい状態を招きます。仕事や人間関係等からストレスが多い現代、心因性のEDや、ED予備軍の男性が年々増加しているのが現実です。
普段からEDの原因となりうる生活習慣やタバコや飲酒などの嗜好、ストレスなどに注意することが重要で、かなりご高齢の方でも健康上に問題がなければED治療は十分可能です。気になり出したら、あきらめずにまずは医師にご相談ください。

機械によるED(勃起不全)治療

ED-MAX(EDマックス)

ED-MAX
  • 身体の組織や器官に有害な影響を与えることはありません
  • ED治療薬への反応が得られなくても、大きな改善がみられます
  • 治療による痛みや副作用はほとんどありません
  • 日常生活の制限はまったくありません

EDマックスは、ペニスに極低い出力の衝撃波を照射して、ペニスの血管を増幅することからED(勃起不全)を改善する勃起不全治療機です。

EDマックスは、勃起を左右するペニスの血管そのものに働きかけるため、極低い出力の衝撃波(腎臓結石破砕装置の10分の1の出力)を照射します。この照射で、血管内皮細胞からの一酸化窒素合成酵素(eNOs)産生が促され、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)を刺激することによって、血管拡張作用が起こり組織内の血流改善がもたらされて勃起力を回復します。また、同時に年齢等で衰えた血管に微弱な衝撃波を300回程度繰り返して与えることで、血管の新生をもたらすVGEFと受容体が発生させ、新しい血管を誕生させます。

  • 痛みが少ない
  • 治療時間短縮
  • 効果を実感

治療は1回十数分
約一ヶ月で改善を実感できます。

1回の治療でペニス毎秒1~8Shotの衝撃波を照射する治療を十数分程度行います。

2回(計6回)
1ヶ月程度で完了
極低出力の衝撃波を照射
血管にアプローチして、細胞内外に反応を与える
血管の新生を促進するVGEF(増殖因子)が発生
VGEFと受容体が新しい血管を生成
陰茎内の血流が改善
新生血管形成前

新生血管の
形成促進イメージ

→
新生血管形成後

内服薬によるED(勃起不全)治療

バイアグラ

バイアグラは、米国のファイザー製薬により開発された世界で最初と言われるED治療薬です。米国では1998年に、日本でも一年遅れて1999年に厚生労働省の承認を受け販売が開始されました。ペニスへの血液量を増やし、海綿体の内圧を高める効果があるため、ED(勃起不全)に多く用いられる男性用機能障害治療剤です。

レビトラ

バイアグラに続いて誕生したED治療薬で、アスピリンの開発で有名なドイツのバイエル薬品という製薬会社が製造販売していることで知られています。オレンジ色の円形錠剤で中身は白い薬剤。性的興奮で勃起が起こったときにときにそれを補助する働きがあります。

シアリス

内服後20~36時間という長時間にわたり性的刺激に応じて勃起機能を促進する効果が認められています。さらに食事の影響も受けにくいのが特徴です。他の治療薬に比べ服用のタイミングや「薬効が切れる前に性行為を終わらせなければ」といったEDへの心配が軽減でき、焦りやプレッシャーを感じることが少なくなります。

男性の更年期外来

女性と同じように、もちろん男性にも更年期があるのをご存知ですか。でも、あまり知られていないことから、実は更年期症状に苦しんでいる男性が周りの人から「最近さぼっているようだ」「やる気が感じられない」等の誤解を受けてしまい、病気だけでない悩みが重なり、苦しむ方が多いのが実態です。男性の更年期障害は、男性ホルモンの低下による男性更年期障害=LOH(「エル・オー・エイチ」と呼びます)症候群と呼ばれます。

男性の更年期外来

こんな症状がある方は要注意
「最近、理由もなくなんとなく調子が悪い」
実は、その症状は男性ホルモンの低下が原因かも…。
「常にだるい」「やる気が起こらなくて困る」「あまりよく眠れない」「イライラする」「体が火照る」「性欲があまりない」これらの症状をすべてストレスや疲れが原因、年をとったからしょうがないと見過ごしていると大変なことになるかも知れません。
男性ホルモンの低下による男性更年期(LOH症候群)の可能性があり、放っておくと認知機能や身体機能が低下するため、うつ、メタボ、骨折、生活習慣病のリスクが高くなるとされています。

男性更年期障害の症状は

  • ほてり、のぼせ、冷え、動悸
  • 不眠、頭痛、集中力低下、不安、うつ、めまい、耳鳴り、呼吸困難
  • しびれ、知覚が鈍い
  • 肩こり、筋肉痛、関節痛、発汗、口内乾燥、便秘、下痢、食欲不振、全身倦怠感
  • 頻尿、尿の勢いの低下、股の不快感、性欲低下、勃起力低下など

治療法

男性更年期障害は、男性ホルモンの代表格であるテストステロンの低下によって引き起こされると言われています。
このテストステロンの値は、10代後半から20代にかけて分泌量がピークを向かえ、中高年になってくると残念ながら徐々に減少します。テストステロンは、骨や筋肉の強度を維持する、造血作用がある等の男性にとってとても重要な働きをするうえ、身体を作るだけでなく社会的理性や認知機能など、脳の働きまで任されています。
この大切な男性ホルモンであるテストステロンの低下で引き起こされるのが、男性の更年期障害なのです。

ホルモン補充療法

お一人おひとりに合わせて、減少したテストステロン値を引き上げるのが「ホルモン補充療法」です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、欧米等の医療先進国ではすでにポピュラーな治療法とされています。

ED(勃起不全)治療の料金表

ED処方薬

バイアグラ:50mg (1錠) 1,500円(税別)
レトビア:10mg (1錠) 1,500円(税別)
レトビア:20mg (1錠) 3,000円(税別)
シアリス:10mg (1錠) 1,800円(税別)
シアリス:20mg (1錠) 2,400円(税別)

ED-MAX(EDマックス)

初回 (1回のみ) 20,000円(税別)
1回 80,000円(税別)
3回 220,000円(税別)
6回コース費用 400,000円(税別)

その他の料金についてはこちら

Reservation
ご予約はこちらから


─ WEBからの予約 ─

カウンセリング予約をする


─ 電話からの予約 ─

─ 銀座院 ─
フリーダイヤル0120-625-257

─ 名古屋院 ─
フリーダイヤル0120-510-366

Clinic introduction
クリニック紹介


クリニックの営業時間やアクセス方法はこちらから

詳しくはこちら

CLOSE

ページ先頭へ