診療科目

ほくろ・イボ

顔の印象を変える気になるほくろ、イボをとって、すっきりしたお肌になりましょう。

診療科目一覧
アクセス

アクセスマップ

住所:〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目7-12
サカエ東栄ビル 4F

○地下鉄東山線栄駅 徒歩5分

詳しくはこちら

ほくろ・イボとは
ほくろは、皮膚の一部にメラニンをつくるメラノサイトが集まってできた皮膚病変です。レーザーで除去することができます。
イボは、皮膚から盛り上がった状態のものを指します。加齢とともに顔や首にできる、しみが盛り上がったような老人性のものから生まれつきのものまであります。
こんな方にオススメです。
  • 顔のほくろを取りたい方。
  • 小さかったほくろが、だんだん盛り上がって大きくなった。
  • 小さいほくろが、顔全体に増えてきた。
  • ほくろ、イボにコンプレックスを感じている。
  • ほくろ、イボが顔にたくさんある。

ほくろ・イボの治療の種類

ほくろやイボには良性や悪性をはじめ、いくつかの種類があるので、医師が大きさや形状、状態を診察してから、適切な治療法を選択します。基本的には、小さいほくろやイボはレーザーを使用し、大きく盛り上がったものや直径の大きいものは切開縫合施術をします。
レーザーでの施術は、周りの肌を損傷せず、ほくろのメラニン色素に反応するCO2レーザーを使用して、分解する方法です。施術時間は5分程度と短いため、仕事の合間やショッピングのついでなど手軽に治療する方もいます。
一方切開縫合術は、レーザーでは除去が難しいほくろやイボを切開し根元から除去するものです。除去した後、丁寧に細かく縫合するため、傷跡は目立たなくなります。

ページトップ

ほくろ・イボの効果的な治療法

  • CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

    患部にある細胞に存在する水分に反応させ、蒸散させることで瞬時に除去するレーザーです。

    詳細はこちら

  • 液体窒素

    マイナス196℃の超低温の液体窒素をスプレーや綿棒、ピンセットでイボに塗布して、イボ組織を壊死させる方法です。

施術について

治療の回数はほくろの大きさや深さにもよります。
1回でほくろを取ろうとすると跡が目立つ場合があるため、数回に分けて丁寧に治療を行うこともあります。
施術は局所麻酔をしますので、痛みの心配はありません。また、ほくろの除去は1ヵ所5~10分と短時間で終わります。痛みに不安を感じる方も多いですが、短時間で終わりますので、痛みが絶えられないという方はほとんどいません。
ほくろ除去のレーザー治療後はすり傷ができた状態になっていますので、傷の治りを早くする特殊な肌色のテープを2週間ほど貼っていただきます。徐々に肌の再生が行われますが、赤みが落ち着くのに半年程度かかります。
傷跡はほくろの大きさや根の深さにもよりますが、小さなものはにきび跡程度の軽い凹みで、黒いほくろと比べますと目立たない傷あとです。

  • メール相談をする
  • カウンセリング予約をする

ページトップ

クリニックビザリア
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目7-12
サカエ東栄ビル 4F
電話 0120-510-366
最寄駅 名古屋市営地下鉄東山線栄駅 徒歩5分
診療科目から探す
施術から探す