たるみ

ブヨブヨの内ももが憎い……スラッと脚を叶える脚痩せエクササイズ

一度ついてしまうと、なかなか落ちてくれないのが「内もも」の脂肪です。
食事制限やマッサージなどをしても効果が現れにくく、何度もダイエットに失敗したという方は多いでしょう。
内ももの脂肪は細身のパンツや短いスカートを履いたときに、とてもよく目立ってしまうもの。オシャレを楽しみ、美しい女性でいるためには内ももの脂肪を解消することが大切です。そこで今回は、スラッとした脚を手に入れるための内もも痩せエクササイズをご紹介いたします。

ブヨブヨの内ももを解消! 脚痩せエクササイズ

・「ワイドスクワット」で内もも痩せ

ブヨブヨの内ももをスッキリとさせるためには、脚全体を引き締めてくれるスクワットがおすすめです。とくに内ももの筋肉に働きかけてくれるので、毎日の習慣として続けると脂肪の解消にも効果が期待できます。
効果を下げないためにも、正しいフォームで行ってください。
まずは足を肩幅よりも大きく開き、つま先を軽く外側に向けて立ちます。
胸を張って腰が曲がらないよう意識しながら、太ももの裏が床と並行になる位置までゆっくりと腰を落としていきましょう。
腰を落とし切ったら、またゆっくりと腰を上げ元の体勢に戻します。
このエクササイズを10セット、1日2回行うことで内ももの脂肪燃焼が期待できます。

・クッションや枕を使ったエクササイズ

筋トレなどの負荷が大きいエクササイズが苦手という方には、寝ころがったままでできる内もも痩せエクササイズがおすすめです。
仰向けに寝転んだ状態で膝を90度に曲げ、足の裏は床につけます。
両太ももの間に枕やクッションをはさみ、この枕やクッションを押しつぶすイメージでギュッと力を入れて足を閉じましょう。
足に力を入れながらも呼吸は止めないよう心がけ、これを30秒×5セット行ってください。

・足を開閉するだけの簡単エクササイズ

夜のおやすみ前や朝起きたあと、ベッドの上で簡単にできるエクササイズもあります。
まずは仰向けに寝転び、両足を床に対して垂直になるよう真っ直ぐ上に伸ばして両膝をくっつけましょう。
両足を閉じた状態からゆっくりと左右に開いていき、90度以上開いて3秒キープします。それから、また両足を閉じて3秒キープします。この開閉の動きを30~50回程度行ないましょう。膝が曲がらないよう意識しながら、ゆっくりと開閉するのがポイントです。

ブヨブヨの内ももが憎い……スラッと脚を叶える脚痩せエクササイズ

脂肪がつきやすく落ちにくい内ももを痩せさせるためには、継続的なエクササイズが必要になります。スッキリとした細い内ももをイメージして、エクササイズに励みましょう。
しかし、中には忙しくてエクササイズができない方や、どうしても三日坊主になってしまう方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、脂肪をシャーベット状に凍らせてリンパに流す「ゼルティック」という施術です。
部分痩せに効果が期待でき、内もも痩せを簡単に叶えたいという方にぴったりです。
理想的なほっそり脚を手に入れるためにも、一度カウンセリングにお越しください。

たるみの関連施術

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

このページの監修・執筆医師

医療法人 二昌会 理事長
クリニックビザリア総院長小林昌義

理事長 小林昌義
<理事長略歴>
1989年
名古屋市立大学医学部卒業
1997年
名古屋市立大学医学部大学院卒業 
医学博士
名古屋市立大学病院勤務
1998年
小林整形外科開院
2006年
医療法人 二昌会 理事長
2006年10月
クリニック ビザリア開院
2015年9月
クリニックビザリア銀座 開院
2018年3月
クリニックビザリア大阪 開院