シミ

傷や虫刺されの跡がシミになってしまうのはなぜ?

傷や虫刺されの跡がシミになってしまった……という経験はありませんか?
メイクでも隠しにくいシミや色素沈着があると、どんよりとした気分になってしまいますよね。
一体なぜ傷跡がシミになってしまうのでしょうか? 気になるその理由と、傷跡のシミを消すことができるのか否かを詳しくご紹介します。

傷や虫刺されがシミになってしまう理由とは

傷や虫刺されなどの跡にできるシミを「炎症性色素沈着」と言います。
皮膚が炎症によって傷つくと、肌の奥にある色素細胞(メラノサイト)が活性化し、メラニン色素が大量に生成されてシミができてしまうのです。
メラニンが大量に作られるのは、炎症から皮膚を守るための働きのひとつ。紫外線を浴びたときと同じように、有害なダメージから体を守ろうとしてメラニンを増やしてしまうのです。
炎症性色素沈着は傷や虫刺されの他に、ニキビややけど、かぶれ、アトピー性皮膚炎などでも発生します。また、肌を爪でかきむしったり、コットンなどで日常的にこすったりすることで発生する場合も。
たとえ小さな刺激でもシミができる原因になってしまうため、繰り返し肌を刺激しないことが大切です。

炎症性色素沈着は消すことができる?

炎症性色素沈着は、紫外線が原因でできるシミに比べると消えやすいと言われています。
なぜなら、炎症が治まっていれば、メラノサイトの動きが沈静化し、メラニンの生成がストップするため。また、肌のターンオーバーによって古い角質が剥がれていけば、生成されたメラニンも一緒に排出されていきます。
つまり、時間の経過とともに自然と消えていくものが多いのです。

とはいえ、できることなら早く消してしまいたいもの。
炎症性色素沈着を改善するためには、ターンオーバーを促すケアが有効です。
具体的にはどのようなケアが効果的なのか、詳しく見ていきましょう。

炎症性色素沈着を早く消すためには?

・肌の保湿を徹底する

ターンオーバーのサイクルを正常に整えるためには、丁寧な保湿が欠かせません。
入浴や洗顔の後は、水分の蒸発とともに肌の水分もどんどん失われていってしまいます。
なるべく時間を空けず、保湿力の高い化粧水や乳液で水分をしっかりと与えてあげましょう。

・紫外線対策をする

炎症性色素沈着ができる原因は紫外線ではありません。
しかし、紫外線を浴びているとメラニンの生成が続いてしまうため、すでにできている炎症性色素沈着が濃くなってしまいます。
日焼け止めや日傘などを使用して、紫外線を浴びない生活を心がけましょう。

・ピーリングをする

ピーリングを行うことで古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促してあげましょう。
ただし、自己流のピーリングは刺激が強いため、炎症を起こしやすい敏感肌の方は注意が必要です。
美容専門のクリニックなどに相談し、自分の肌に合った安全な方法でピーリングを行いましょう。

傷や虫刺されの跡がシミになってしまうのはなぜ?

いかがでしたか?
傷や虫刺されの跡がシミになってしまう原因とその対策方法をご紹介いたしました。
放っておけば自然に消える可能性が高いとはいえ、紫外線などの影響でより濃いシミになってしまう可能性も少なくありません。
できてしまったシミを放っておくのは気が引けるという方は、美容クリニックで治療を受けるのもオススメですよ。
次世代新型レーザー「ピコレーザー」を使った治療なら、光治療では反応しないような薄いシミでも治療することが可能です。
自分の肌に合った対策で、炎症性色素沈着に対策を行っていきましょう。

シミの関連施術

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

このページの監修・執筆医師

医療法人 二昌会 理事長
クリニックビザリア総院長小林昌義

理事長 小林昌義
<理事長略歴>
1989年
名古屋市立大学医学部卒業
1997年
名古屋市立大学医学部大学院卒業 
医学博士
名古屋市立大学病院勤務
1998年
小林整形外科開院
2006年
医療法人 二昌会 理事長
2006年10月
クリニック ビザリア開院
2015年9月
クリニックビザリア銀座 開院
2018年3月
クリニックビザリア大阪 開院